2005年12月14日 (水)

秋のゴールデンウィーク

12月は、誰にとっても忙しい月ですが、ファミレスの店長にとっても大変な月です。
外食業界では、年に3回忙しい時期があります。
ゴールデンウイーク、お盆、お正月です。
サービス業ですから、世間の皆様が連休の時は忙しいのは当然です。
ですが店長としては、人員の確保に悩むことになります。
その中でも、最もスケジュールの確保が難しいのがお正月です。
12月はその調整をしなければならないのですが、高校生は試験シーズンで休みの子が多いです。
ボーナス支給等で店も忙しくなり、前に書いたとおりクリスマスケーキも販促しなければなりません。
しかも今年は個人的に車検もあるので毎日予定がぎっしりです。

ところで、国民の休日って何だか分かりますか?
子供の日とか、体育の日?
あれは、国民の祝日です。

続きを読む "秋のゴールデンウィーク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

キヨシこの夜

サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会1次リーグのシード国が決まったらしいですね。
日本代表がワールドカップ決勝トーナメントに出場できるかどうかは、どの国と同じ組にはいるかによって大きく左右されそうですね。
サッカーW杯日本代表が、どこまで勝ち進むかは僕たちの仕事にも影響があります。

ワールドカップに限らず、オリンピック、駅伝、マラソンなど、いわゆる国民的行事といわれるようなイベントがあると、入客に影響があるのです。
サッカーで言えば前々回、初めて日本がワールドカップに出場できるかどうかをかけて戦っていた予選リーグ。
あのときはすごかった。
サッカーのファン層と、ファミレスの客層がその時は、みごとにマッチングしていたんでしょうね。
日本代表の試合が行われている間、店は超ヒマでした。

続きを読む "キヨシこの夜"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年12月 5日 (月)

冷凍マグロにばける方法

こんなニュースを読みました。

人気の函館スルメイカ、生きたまま首都圏へ 官民で開発

 生きた状態のまま長くは運べないスルメイカを、北海道・函館から、「活イカ」や「活締め」で首都圏へ出荷する方法が開発されつつある。活締め技術は確立し、生きたまま運ぶ活イカも、来夏には商品化されそうだ。ポイントは、動きの激しいスルメイカをどうおとなしくさせるか、だった。
    by asahi.com

写真を見ると、生きたままのにイカを一杯ずつビニールに入れて運ぶようですね。
最高56時間生かすことができたそうです。
こういう記事を見るとすぐに、一杯あたり幾らになるのか気になります。
ファミレスは、お客様に安価でおいしい料理を提供することが使命なので、あまり高価な食材は使えません。

しかし、ファミレスも昔とは違いますよ。
どんどん食材の質は高くなっています。
僕が、入社した頃とは雲泥の差です。

続きを読む "冷凍マグロにばける方法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

毎度ありぃ!

ファミレスではお客様からいただいた代金で経営が成り立っているわけですが、経費はどうなっているでしょうか。
分かりやすくするために、お客さんが払ったお金がどこに行くかという話にしてみましょう。

たとえば、あなたが税抜き、1000円の料理を食べて、レジで支払いを済ませたとします。
それが、最終的にどこに行くか、ちょっと解説してみます。

僕を含め社員4名で、そのうちの、72円をいただきます。
ありがとうございます。
料理を作るクックには、79円をお給料として支払います。
サービスをする、ウェイトレスには、109円を支払います。
食器洗浄の方には、18円を支払います。
従業員一同で合計、278円をお給料としていただきます。
さらに・・・

続きを読む "毎度ありぃ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

クリスマスツリーと魔法使い

クリスマスシーズン恒例の話題。
アメリカのロックフェラーセンターのクリスマスツリーが点灯したらしいですね。
当店でもクリスマス向けの、ディスプレイを実施しています。

まずは、クリスマスツリーですね。
ツリーはシーズンが終わったら、分解して倉庫にしまっておきます。
しかし、僕がこの店に異動して来た最初のクリスマスは、前年の管理が悪くて部品が足りませんでした。
無理矢理組み立ててみたけれど、枝が少なくてどうにもかっこわるいのです。
備品の発注締め切りは過ぎていたので、自分で調達するしかありません。
僕は休日を利用して、おもちゃの問屋街まで車を走らせました。
どうせならここまで来たんだからと、ちょっと奮発して身長以上の高さの大きなツリーにしました。

ところが店に帰って、失敗に気づきました。

続きを読む "クリスマスツリーと魔法使い"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月30日 (水)

魔のブレーカー地獄

ある日の出来事です。
高校生のアルバイトが言いました。
「あれ、このコーヒーマシン動いてないよ。故障かなあ」
彼女はスイッチを入れたり切ったりしましたが動いてくれません。
ほぼ同時にキッチンではこんな会話が交わされていました。
「何か息苦しくないかなあ」
言われた方もそう思っていたので、
「確かに、何かおかしいなあ。そう言えばいつもより静かだぞ。あ、ファンが回っていない」
キッチンには、吸気ファンと排気ファンがあり、常に中の空気を入れ換えています。
「レンジも止まってるよ、どうしよう」
何が起こったのでしょうか?

続きを読む "魔のブレーカー地獄"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

99番目のレストラン

99番目のレストランと言う題名は、昔僕が副店長の頃、在席していた店のチェーン全体での成績順位です。
売り上げ低迷、人員不足、競合店の開店、利益の減少と問題山積の店でした。
レストランとして、最悪のスパイラルに突入していました。
そして、地主との契約更改を一年後に控えたある日、一つの決定が下されました。
10ヶ月後に、店の利益構造が改善されなければ、契約更新はしない。
つまり、店舗は撤退し閉店とする。
僕を始め社員は落ち込みました。
いつのまにか、従業員にも事態が知れ渡り、パートの主婦の中には退職を考える人も出てきました。
さらに、前から胃の調子が思わしくなかった店長が胃潰瘍で入院し、休職になってしまったのです。
閉店の危機を300日後に控え大ピンチの店に、一人の店長が赴任してきました。
その新店長は、本部から異動してきた人でした。
長く本部の商品部にいた人で、店舗経験はあまりない方でした。
その店長は、店が抱えた数々の問題に対して、今まで自分たちが考えてもみなかった解決方法を提案してくれました。

続きを読む "99番目のレストラン"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

アルバイト採用面接に落ちない方法

アルバイトの採用面接に受かるコツはなんだと思いますか?
面接者はアルバイトの採用不採用を何で判断してるでしょうか。
多くのファミレスで、アルバイトの採用不採用は店長に任されています。
面接は店長か副店長がすることになると思います。
企業の採用活動とは違うので、面接に時間も手間もあまりかけられません。
30分程度の面接で全てを決めます。
どうしたら、採用してもらえるんでしょうか?

続きを読む "アルバイト採用面接に落ちない方法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)