« ネットワークビジネス VS 店長 30分戦争 part 1 | トップページ | スノーマン・リターンズ »

2005年12月11日 (日)

ネットワークビジネス VS 店長 30分戦争 part 2

   part 1 より続く

一番トップにいると思われる人間の所に行って僕は言いました。
「当店の店長です。お客様にお話があるのですが」
そう言って名刺を差し出します。
「何ですか?」
彼も、仲間がトラブルを起こしていることは気づいています。
しかし、何故こちらに来るのかがわからないのです。

「率直に申し上げますが、当店は店内での飲食とご歓談の場をお客様に提供することを目的としています。基本的に、店内での勧誘行為等はお断りしておりますのでお控えいただきたいのですが」
「席で、何をしようがこちらの勝手じゃないの?」
ここで、退いてはこちらの負けなのできっぱり言います。
「いえ、他のお客様の迷惑もありますので、このような場合はお断りしております」
はっきり言わないと効果がありません。
「それが、ここの方針なの?」
暗に、本部にクレームを入れられてもいいのかという意思をほのめかします。
相手も、引っ込みがつかなくなっているので、ここでちょっと逃げ場を作ってあげないと長期戦になってしまいます。

「とは言え、多少行き違いもあったでしょうから、こちらの失礼はお詫びするとして、今日の所はこれ以上席の移動を控えていただくということでどうでしょう。ただ次回ご来店の際は、どうぞご配慮をお願いします」
こう言って、相手から名刺をもらっていた場合には、そちらにちらりと視線を落として、会社名等を確認する振りをします。
相手も、後ろめたいことがあるので、ここまでこちらがはっきりとした態度を示せば、次から来なくなります。
彼らにとって、もっと居心地の良い店を求めていくでしょう。
招かれざる客には、それなりの意思を示すことが必要だと思います。

ところで健康食品系のグループの人たちは、なぜかオレンジジュースが大好きです。
まあ安いからと言うのも、あるんでしょうが・・・
そして彼らは100%ジュースにこだわります。
「この、オレンジジュースって、100%?」
聞かれたウェイトレスは答えます。
「はい、100%です」
かりにも、レストランです、100%のジュースしか置いていません。
そこで彼らの、一人が言います。
「でもこれ、あれだよ。ノーシュクカンゲンだから、だめだめ。こんな物を飲んでいると体に悪いんだよ。でもこれを呑んでいれば、だいじょうぶ」
そう言って、何かのサプリメントを取り出しセールストークです。
たしかに、うちのオレンジジュースは、濃縮還元ですが・・・
濃縮還元とは、収穫期に搾汁した果汁の水分をとばして数倍程度に濃縮したものを冷凍保存し、使用の際に水分をもどす製法です。
最初に飛ばした水分と同量の水分を戻せば、もとの果汁と同じ濃さになり、100%のジュースになるわけです。
最近では技術が発達して、味も風味も損ねることなく還元できるようです。
しかし彼らには言いたいです。
ジュースにこだわるより、タバコをやめた方がいいですよ・・・
さらに詳しい情報探せるランキングへ

|

« ネットワークビジネス VS 店長 30分戦争 part 1 | トップページ | スノーマン・リターンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153415/7494683

この記事へのトラックバック一覧です: ネットワークビジネス VS 店長 30分戦争 part 2:

« ネットワークビジネス VS 店長 30分戦争 part 1 | トップページ | スノーマン・リターンズ »