« アルバイト採用面接に落ちない方法 | トップページ | 99番目のレストラン »

2005年11月25日 (金)

5度になったら車は凍る

昨日は、早朝6時出勤でした。
この時期になってくると朝がつらいです。
寒さだけなら我慢しますが、やっかいなのが車のフロントガラスにつく霜です。
早朝の霜は、しつこいです。
一度削り取っただけでは、走行中に空気中の水分が再び張り付いて前が見えなくなってしまいます。
エンジンが温まり、エアコンの温風でフロントガラスの氷を溶かすことができるようになるまで危険です。

運悪くぎりぎりの時間に起きた朝、ガラスが凍っていたら。
エンジンが温まるのを待っていては、遅刻するかもしれません。
そんな時はどうするか・・・

運転席のウィンドーを下げてそこから首を出して直接外を確認しながら走るんです。
これは、寒いです。
顔の皮膚が切れそうになります。
あと、左折の時はどうしようもありません。
まあ余裕を持って起きればいいんですけどね。
まだそんなに寒くないと油断しているときに限って、その冬一番の霜が降りるんです。

それには、誤解があって、僕は気温が0度以下になった日に霜が降りるんだと思っていました。
それは違うらしいです。
気温は地面から、1.5メートルの高さで測るので、地表やガラスの表面は更に温度が低くなっています。
だいたい、気温が5度から3度を下回ると、霜が降りたりガラスが凍る可能性があるそうです。
明日からは、余裕をもって起きるようにします。
無理かな・・・

さらに詳しい情報探せるランキングへ

|

« アルバイト採用面接に落ちない方法 | トップページ | 99番目のレストラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153415/7307336

この記事へのトラックバック一覧です: 5度になったら車は凍る:

« アルバイト採用面接に落ちない方法 | トップページ | 99番目のレストラン »