2005年12月16日 (金)

パーキングウォーズ part 2

 パーキングウォーズ part 1 より続く

運転席に座った40才くらいの男性はこちらを見て、しまったという表情を浮かべました。
「お客様、こちらの駐車場はお食事をされている間、車を駐めるために用意しているもので、無断駐車は困りますね」
「いや、食事の後ちょっとよそに言っていただけだよ。ちゃんと食事はしたんだからかまわないだろう」
うーんそう来るか・・・
確かにお客として来ていたのかもしれないけれど、僕は見覚えがありません。
「ですから、食事をしている間に駐めていただくための駐車場ですので・・・」
その時、後ろのほうから、声が聞こえました。
「何、どうしたの?」
数人の、やはり40才ぐらいの女性のグループがこちらに歩いてきました。
そして、運転席の男性と何やら話を始めました。
その時、僕は気づいたのです。
そのうちの一人にだけ、見覚えがありました。
その女性は確かに、うちで食事をしていました。
つまり、その女性は店で食事をした後、駐車場で待ち合わせた仲間と、どこかに行ったということらしいのです。

» 続きを読む

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

パーキングウォーズ part 1

ファミレスにいらっしゃるお客様は、車で来られる方がほとんどです。
新人には駐車場にも気を配るように教育します。
駐車場に車が入ってきたということは、もうすぐお客様が入ってくるということです。
それが分かれば、次に何をするべきか、自分の仕事の組み立てが変わってきます。

ある日のことです。
高校生アルバイトの、手塚さんが駐車場の方をずっと見つめています。
「どうしたの? 手塚君」
僕が近づくと、手塚さんは言いました。
「さっき、車が2台続けて入ってきたんですけど。お客さんが入ってきません」
手塚さんは、まだ新人ですが、駐車場に注意するようにとの言葉を守っていてくれたのです。
「それはね、無断駐車と言うんだよ」
「やっぱり!」
手塚さんは正義感が強いほうなので、その行為を許せないようでした。

言うまでもなく駐車場は、お客様が食事をされている間、車を止めていただく場所です。
店内が、満席に近い場合には先に駐車場がうまってしまうこともあります。
駐車場が空いていなければ、お客様は他に行ってしまうので売り上げに影響します。
そんなわけで、無断駐車は非常に困ったことです。
よく駐車場に、無断駐車は、金1万円をいただきます、などと注意書きがありますが、あまり効果はありません。
そもそも、法的な根拠に乏しいので現実に駐車料金はとれないでしょう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

秋のゴールデンウィーク

12月は、誰にとっても忙しい月ですが、ファミレスの店長にとっても大変な月です。
外食業界では、年に3回忙しい時期があります。
ゴールデンウイーク、お盆、お正月です。
サービス業ですから、世間の皆様が連休の時は忙しいのは当然です。
ですが店長としては、人員の確保に悩むことになります。
その中でも、最もスケジュールの確保が難しいのがお正月です。
12月はその調整をしなければならないのですが、高校生は試験シーズンで休みの子が多いです。
ボーナス支給等で店も忙しくなり、前に書いたとおりクリスマスケーキも販促しなければなりません。
しかも今年は個人的に車検もあるので毎日予定がぎっしりです。

ところで、国民の休日って何だか分かりますか?
子供の日とか、体育の日?
あれは、国民の祝日です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

そうだ。 病院に行こう。

久々に、ダウンです。 体調管理には常日頃から、注意はしていたのですが・・・ 本当...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

スノーマン・リターンズ

今日も冬ネタを。
冬は雪が積もることが最も恐ろしいです。
帰りが電車のない深夜になることが多いファミレスの社員は、自動車通勤が基本です。
雨が降ろうと、槍が降ろうと、たとえ熱でぶっ倒れそうでも店に行かないとなりません。
そこには、交代を待っている仲間がいるからです。
あるいは閉店のある店なら、自分が行かなければ店は開かないことだってあります。
しかし、雪が積もると車は大変です。
チェーンを巻くか、スタッドレスを装着しなけれななりません。
寒さが厳しくなってくると天気予報に注意して、積雪の予報があると目覚ましを一時間早くセットします。
朝起きてから、雪が積もっているのに気づいても手遅れだからです。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (1)

«ネットワークビジネス VS 店長 30分戦争 part 2